【2017年,今年もやります! 小学4年生社会科郷土の歴史】

今年も小学4年生の社会科の授業「郷土の歴史」に出張授業を行います。
長澤理玄の功績を伝えるプロジェクトの根幹は、館林の子ども達への教育。
3年目のスタートは、群馬テレビの番組から。
群馬県教育委員会がスポンサーの教育番組「はばたけ!ぐんまの子どもたち」(7月15日8時〜8時30分放送予定)のテーマが出前授業。群テレ番組

私は出張授業と呼んでいた・・・・
私にとっては東京からの出張。しかし生徒の立場からみれば確かに出前授業だ。これからは「出前授業」と呼ぶことにする。

[番組出演の経緯]
5月早々、群馬テレビの担当ディレクター氏から連絡が入る。
県内で複数(前橋、高崎、桐生など)の出前授業を撮影し30分の番組に制作。番組は群馬県教育委員会がスポンサー。
館林の情報として2015年から始めた「長澤理玄の出前授業」を取り上げたいと申し出があった。理玄の功績が少しでも広がれば嬉しい。感謝。 
その後、二小の交渉からスケジュールまで私が動きました。(こうした準備は長年のデザイン制作活動を経験しているので得意なんです)

群馬県教育委員会生涯学習課がスポンサーなので、小学校としては全面協力ですね。
事前に校長先生にお会いして話をしたところ、校長先生は高校の後輩でした。世間は狭い。

【2017年6月15日(木)館林市第二小学校(南小)】
9時40〜 2クラス。(二小の4年生はたった2クラス。私が在学した昭和30年代は4クラスありました。)
授業時間は45分。
始めの15分で理玄の紹介と城下町館林のお話。途中、教室を出て徒歩2分の顕彰碑見学。まちのフィールドワーク。
教室へもどり、理玄のまとめと質問に応える時間。
 短い時間で理玄の功績と館林城下町の素晴らしさを伝えるために、パネルや教材を制作して生徒に配布。
理解を助けるための教材は必須。

二小出前授業2017年6月15日

      ◎
教材は昨年使用した4ページのパンフの改訂版。
(残り部数が少なくなってきたので増刷しないといけません。全て自腹で印刷しているので、理玄の出前事業に共感していただける方の支援をお願いします。メールをお願いします。)

自作したテキストは以下の内容。

理玄教材表紙
▲表紙(A4サイズ×4ページ)理玄について。
RIGEN
▲中面(理玄の功績をわかりやすく紹介。牛痘法を発明したジェンナーのコラム入り) 理玄テキスト表4
▲表4(裏表紙は理玄の年表と足跡マップ)
(2017年6月25日アップ)

△ページの先頭へ